インタビュー

先生は歯科衛生士をされていた経験があるとお聞きしております。現在では歯科医院・クリニック専門の社会保険労務士事務所として多くの医院様からのご相談を受け、実績を上げておられる先生ですが、歯科衛生士時代の経験はどんなところで役にたちましたか。

ph01.JPG

アルバイトも含めていくつかの歯科医院で勤務しましたが、共通点は慢性的な人手不足ということです。1~2名の開業当初から務めているスタッフを除いて他の入れ替わりが激しいのです。

しかしその原因が医院側にあるとは、院長先生が全く気付いていない点も共通しています。

その結果、求人費がかかる一方で実りがない。教え終わったと思ったら辞めてしまうので、教える側のスタッフの士気も下がる。患者さんが人の出入りが激しい医院という印象を持つ等の悪影響が生じます。自分の歯科衛生士としての勤務体験からスタッフの気持ちも本当によく理解出来ます。

もちろん院長先生のお気持ちも痛いほどよく分かるので、現在の私の役目は医院の歯車が円滑に回るようなオイル役に徹することでしょうか。

顧問契約が充実しているように感じられますが、通常のスポット契約(たとえば、給与計算のみ、評価制度の作成のみなど)の場合と顧問契約とでは、長期的に考えた場合どのような違いが生じるのでしょうか。

顧問契約の一番のメリットは、定期的に院長先生とお話をする機会を持つことで、何気ない会話から重大な問題に発展する危険性の芽をごく小さいうちに発見できることでしょうか。大事に至る前に手を打つことで院長先生にとっても医院にとってもダメージは少なくて済みます。

全国への出張相談や就業規則作成の全国対応など、積極的なサービスを行っていらっしゃいますね。その中でも、メールアドバイザリー顧問契約というのは、特徴のある珍しいサービスのように思います。こちらは、どういったサービス内容になるのでしょうか。

こういう場合はどうするのだろう。そんな小さな疑問点を解決させて頂きます。

転ばぬ先の小さな杖に例えるのが分かりやすいかと思います。滅多に問題も起きないけど何かあった場合にすぐに相談させてもらいたい。そんな事業所向きと言えます。

最後にこのホームページを見て御事務所にご依頼しようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。

今後スタッフも増やして医院を大きくしていきたいという院長先生がいらっしゃれば、是非社労士の活用の検討をお勧めします。一番の理想はこれからスタッフを雇い入れるタイミングです。最初の段階で院長先生の目指す方向性を文章にして明確にしておけば、自然とそれに適った人物を雇うことが可能になるからです。また既に何十人というスタッフを雇用しているという医院で、問題を多数抱えてしまっている場合でも、社労士という第3者を間に立てることで熱くなり過ぎず話合いで解決することも十分可能になってきます。

最近ではどこの社労士事務所もそうですが、いきなり高額な費用がかかるわけではなく、初回無料相談制度も設けていますので、お気軽に一度お電話いただければと思います。

インタビュー:問題解決できるホームページ(http://www.1980.jp/)