残業

時間外労働がすべて25%増の金額になるのではありません。法定時間内かそうでないのかによって異なります。又、週休2日制の事業所で休みの1日だけを出勤させた場合、35%割増とはなりません。36協定は年ごとに更新が必要です。保健衛生業に該当する歯科医院・クリニックは週労働時間を他業種よりも多く設定することが可能です。未払い残業代の請求のリスクを一切背負わず、残業代を削減する方法があります。